Hinamatsuri the March 3rd

少しづつ日足も伸び始めてきましたね!

2月もまだまだ寒い日が続きますが、当施設では早くも雛人形を飾りはじめました。

The days have gotten a lot longer in February.
We have just started Hinamatsuri display!

雛祭りは、女の子の成長と幸せを願う行事。

雛人形自体、目にする機会って減りましたね。

当館では、毎年7段の雛壇を飾り華やかにお祝いしております!

ちなみに、雛壇は宮中の様子を表現していて、左上から順番に

お内裏様、お雛様、三人官女、五人囃子、右大臣、左大臣、三人上戸がいます。

3月3日には、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、雛あられ、ひしもちなどの伝統料理を食べる習慣があるそうです。ちなみに我が家では、ちらし寿司と雛あられだけでしたが、

桜の季節と相まって華やかな気分になれるイベントの一つでした。

Hinamatsuri(Doll’s Festival) is an occasion to pray for young girls growth and happiness and celebrated each year on March 3rd.
Most families with girls display dolls called Hina-ningyo at home but it is very unusual these days…

very traditonal.

The dolls describe the imperial court actually and a set of dolls includes

the Emperor(odairi-sama)

the Empress(ohina-sama)

three court ladies(sannin-kanjo)

five court musicians(gonin-bayashi)

the minister of the left(sadaijin)

the minister of the right(udaijin)

three servants(sannin-jougo).

Today, we eat traditional dishes like Scattered sushi(chirashi-sushi), clam soup,  rise cake cubes(hina arare) and diamond-shaped rice cakes(hishimochi) for Hinamatsuri.

Please feel free to come and see the display at our entrance if you are around!!

お近くへお越しの際は、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

ホテル&レジデンス六本木 吉田