ほっとする直球和食と、シビれる土鍋ご飯。女性スタッフだけで切り盛りする「眞由膳」。

フレンチやイタリアン、もしくは暴飲暴食、シメのラーメンなどで胃が疲れてヤラれモードな時、私はここ「眞由膳(真由膳・まゆぜん)」を頼りにしてます。

 

店主の眞由美(まゆみ)さんが、おばんざいを中心としたお料理を出すので「眞由膳」です。

ホテル&レジデンス六本木から坂を下り、最初の路地を右へ行ってすぐの左側。壁に出された赤いバナーが目印(向こうに見える明るい施設は、先日ご紹介したスーパー、「マルシェロッポンギ西麻布店」)です。

 

地下へ階段を下りたところが、お店です。

さっそく、プレミアムモルツの生と、付き出しの「手まり寿司」をいただきながら、メニュー決め!

「本日のおすすめ」を単品で取るのもいいです。が、あれこれガッツリ食べたい時はコースにしといて、様子(というか自分のお腹の空きスペース(笑)見て追加、が賢い戦略です。

(ので、「おまかせコース」の【花】5,775円にします!)

 

 

まずは、おばんざいから「春菊のおひたし」「鶏と豚の(肉)団子」です。

この、「チェーン居酒屋のアレ」&「創作和食だとヒネり過ぎちゃうアレ」のどちらでもない、素材を活かして優しい味に仕上げる料理、ってのが冒頭に申し上げた、「頼りにできる、ほっとする直球和食」という意味でございます♪

 

 

「お造り」(この日は、あじ&たこでした)を、ポン酢と土佐醤油で。そして店主、眞由美さんのご紹介です!

彼女は、京都の出身。広尾にある女子大(あそこですね)ご卒業後、「つくし」(広尾の和食の名店)で修行し、西麻布の2丁目で「二菜」という昼はどんぶりもの系、夜は和食惣菜とごはんとお酒の店を2年任されていました(私はこの「二菜」が大好きで通い詰め、昼に親子丼を食べて夜におばんざいで飲んでました)。

その後、2004年にここ西麻布1丁目にご自分の店を出したという、異色の才媛料理人です。

 

 

ワイン行きます!シャンパンもスパークリングもあります。甲州ワインもフレンチも、4,800円からあります。

これは、中井さんという日本の方がカリフォルニアで作っている、’Nakai Sauvignon Blanc’(5,250円)。少し甘めですが和食に合う上品なソーヴィニョンブランでした。

 

眞由美さんは海外経験もあるので、英語が堪能!

私は、海外からお客さんが来た時に、「純ジャパニーズ、プリーズ!」とリクエストされると、ここにお連れします(と、素材から調理法から、眞由美さんが説明してくれるので、超・助かる!)。

(ここだけの話ですが、このあたりのシティホテルのコンシェルジュは、外国人に和食屋のオススメを聞かれるとここを案内しているそうです…(←ただし、質問攻めにするタイプの外国人さんだと、彼女の料理の手を止めちゃうので、そのへんご配慮プリーズ♪)

 

 

さて、怒濤のお料理、ご説明します!

「鮎の姿焼き」(シーズンですからね〜、コレは美味い![蓼酢(たでず)]でね)、口直しに「豚肉と古漬けの和え物」(食感が楽しい)、「たこと大根の炊き合わせ」(後で語り倒しますv)、「万願寺唐辛子とじゃこ」(これはコース外。私が『それ美味しそうだ~!』と叫んで別に頼みました)、「「とうもろこしの天ぷら」(ホクホクで甘っ!塩が甘味をさらに引き出す!)。

こうなると日本酒です。こんな感じの器で出してくれます(「辛口であんな感じ!」とか頼むと、眞由美さんが(メニューに載ってないものも含めて)適当なものを選んでくれます)♪

 

「炊き合わせ」(特に大根)の色とお味は、一般的な京料理のイメージからすると、濃いですよね〜!?と質問すると、『私が修行した「つくし」の親方が「吉兆」出身なので、その味やバランスが染み付いているんだと思います。』とのこと。東京出身の私には馴染みのある色&お味です♪

(しかし、この炊き合わせ、たこと大根を別炊きした後に合わせているのが、眞由膳のこだわりです!)

 

 

では、眞由膳のコースのハイライト、「土鍋ご飯」です!ジャーン♪

通常は「じゃこ」なのですが、他の具(この日は「とうもろこし」「穴子」「豚ばら」「鮎」「蛸」)にしたい人は525円追加で変更可能!

で、「穴子の土鍋ご飯」にしました。(アナゴがパリパリに焼き上がっていて、美味しすぎ!書いてて申し訳ないです(謝)!)

 

じゅんさいの味噌汁、おつけもの、茄子の胡麻和えと一緒に、いただきます。

 

 

最後は甘味、「すいかと白玉のデザート」です。このコースの豪華版は【月】7,350円で、お造りの種類・数が増え、「おすすめ」のアイテムが加わり、ごはんを(追加料金無しで)全種類から選べるという内容です(ので、宴会やパーティーに向いてますね、いちいちメニュー見て頼まなくて良いので)。(あ、さらに上の、【特別おまかせコース】1万円もあります。)

グループや女子会だと、ご覧のテーブル席でゆったりどうぞ(でもお勧めは、カウンターで店主のお話を聞きながら、です!)。

 

そしてそして、最後に、眞由膳はスタッフ全員、女性です!(今のところ、です。男性が加わる可能性はあります)

キッチン担当、ゆりちゃんで〜す、ごひいきに♪

 

——

それほど何品も食べたくない時は、お刺身で一杯やりながら炊けるのを待って、土鍋ごはんでシメちゃうとかもアリです。

(もちろん、私みたいに、ごはんが炊けてからもたたみいわしとかで延々と飲み続けて、食べきれないごはんを持ち帰りにしてもらうなんてワガママも可能(ほめられたもんじゃあ、無いですが(笑)。

 

 

眞由膳

西麻布1-14-8 第2広島ビル B1F

google map短縮URLはこちらですhttp://goo.gl/maps/V8oB8

03-3408-5048

土曜・日曜・祝日定休

18:00~23:00 (L.O.22:00) 入店21:30まで