池谷 友秀 写真展 ―OCEAN― 2016.9.11(sun)まで (*DMの記載日より1週間延長!)

13652530_1195402640490621_1926204495_n
「静と動、光と影、人と水、これら融合することのないものたちが、
せめぎ合いバランスを保とうとする姿は悲しくも美しい」

水中人物作品で定評のある池谷友秀の新作は海の風景作品。
木板の上に漆喰を塗りその上にプリントしてあります。
漆喰の中には写真を撮影した海岸の砂が埋め込まれています。

写真の撮影場所は国内外様々なのですが全ての写真に人工物は一切写っていません。
それらは全て画像処理で消してあります。
つまり、これらの写真は全て「もし人間がいなかったらこうだったかもしれない。」
という空想の風景です。

海の水が蒸発し雲になり木の生えた土に蓄えられ、またその水が海に戻っていく。
そのサイクルに人間がどう関与していくのか?

ホテル&レジデンス六本木 アートコーディネーター北村 環

———————————————————————————————————————————————————————
【池谷 友秀プロフィール】
写真家
東京綜合写真専門学校に学ぶ
自身のアート作品に加え、多くの広告写真も手掛ける
2013年作品集「Breath」発表
☞くわしくはオフィシャルwebsiteをごらんください。

【滞在制作】→終了しました
会期中 7月29日(金)から31日(日)、コアタイムを15時~17時として、公開制作を行います。
ホテルに滞在しながら、制作の様子を公開する貴重なイベントです。
漆喰作家の小林奈生さんを迎えての貴重な公開制作となります。

【レセプションパーティー】→終了しました
☞7月31日(日)17:00~
公開制作最終日の7月31日 はレセプションパーティーを行います。
アートに関心があり、アーティストとの交流意欲のある方は、お気軽にご参加ください。
ご予約は必要ありません。
会場:ライブラリーラウンジ 「ラボ」(ホテル&レジデンス六本木1F)

【作品観覧のご留意点】
エントランスロビー、ニシロクラボ内は入場無料でご覧いただけます。
1Fホテルレストラン「ココノマシーズンダイニング」内の作品を
観覧希望のお客様には、レストランのご利用をお願い致しております。
レストラン営業時間 午前7:00〜深夜25:00まで

(アートディレクター 山本 達/ アートコーディネーター 北村 環